正社員のお局様の絶え間ない噂話と悪口に困っています

自分の気に入らない同僚の悪口が激しい。
例えば
・あの子は上司に媚を売っているから異動がない。
・あれだけ物わかりが悪いという事は、障害者に違いない。
・あの人とあの人は付き合ってる。
・あの人は嫌いだから、絶対無視。
悪口も大きい声で言ってるのに、辞めないよね。
と枚挙にいとまがないのです。
また、上司同士の仲がいいとか悪いとかあれこれ並び立て、当事者にストレートに「あの人のこと嫌いでしょ?どうして?」などと就業時間中にしゃべり始める始末。
お気に入りの男性社員には、「〇〇君」を下の名前で呼んでスキスキアピール。
嫌いな上司の前には書類で壁を作ったり。
子供かっ!!と叫びたくなります。
自分が特にすることがなくなると、倉庫の掃除と言って、スマホを持って倉庫にこもり、音楽を流しながら適当に片づけをしながら楽しんでる。

許せないのは、自分の気に入らない人=精神疾患を患っている、障害者だと平気で言ってのけること。
人としてどうなのかと思う。

うちの会社は、吸収合併を繰り返している会社です。
もともとは吸収する側だったのが、ここ4年ほどはされる側に回ってしまい、何をするにも意見が通らないのです。
何かをするにあたって、本社が1番と言わんばかりの対応で、各事務所の言い分は却下される始末。
それでは会社の発展はありえないのに…。
吸収された側にも優れたところがあり、またそのホームグランドでは地域に根差したやり方もあるはず。
優れた能力を持つ社員もパートも大勢いたりするのです。
何故それが分からないのかな。
効率化を図るとか言っているけれど、大切なことを見落としているような気がするのです。
パート事務職の私が見てもおかしいと思うのに。
なんて残念な会社なんだろうと思う今日この頃です。

«
»